青魚はとにかく子供の応援団?DHAの脳への効果と合理的な摂取法

はるか古来より「青魚を食べたら利口になる」と聞かされて来たのです。この機密は、青魚にいっぱい含有されるDHAとされる栄養成分。近年は、脳を元気にするとされて、広範囲に亘る探求が進行している。DHA配合の子供専用サプリメントも、受験生サプリという形でしばしばで売りに出されていますね。確かに、DHAを食べたら、脳力倍増になり得ると言えるのでしょうか?DHAを何にも増していっぱい内包する青魚だと、なにが存在するのでしょうか?効果的に活用するためには、どのようにすれば結果が出るのか?それに匹敵するだけのメカニズムや賢明な摂取方法において考査したのです。

DHAくらいの原料が日本国内に認知されるようになってきたのは、1989年のとき。火付け役は、DHA考察の国際的なマエストロとされる、イギリスのマイケル・クロフォード博士の公表だったのです。博士は「我々日本人の子供のIQが際立つという点は、DHAをドッサリ内包する魚を口にしているためなのではないか?」という理論を発表。マスメディアを介してでかでかと報告がなされて、DHAがいたるところで認識されるキーポイントとなりました。

あれ以降、DHAの知名度はグングンアップし、1994年に、キリンがDHA入り炭酸飲料「力水」を売り出し。事あるごとに復刻版なんかが発売されてきて、「キリン 及第祈願の力水」「テストに表示される力水」なんかも姿を見せました。この頃では20年に亘っての売れ続けている飲料水となっているとのことです。

ここ最近は、DHAは「ブレインフード」においても知られ、どしどし人気が群がっているようですね。ついでながらDHAとは、「ドコサヘキサエン酸」(Docosa Hexaenoic Acid)を略したネーミング。青魚にメインで含有されていて、不飽和脂肪酸の一つです。
子供のためのDHAサプリ 比較検討